昔から朝勃ちは男の自身と表れと言われていたそうです。
目覚めとともに硬くなるその姿は自らの励ましでも
あるとかないとか…。

 

そんな朝勃ちがあって、マスターベーションでは射精ができても
勃起不全である可能性は十分に考えられます。

 

 

たとえ朝は勃起したとしてもいざ女性と性交する際に十分
勃起し、射精ができないのであればそれは勃起不全です。
結局本番がダメならダメなんです。

 

通常の勃起は性的な興奮をすることで起こります。
それに対して朝勃ちというのは性的興奮とはまったく関係の
ない自然現象として起こるんです。
実は男性は寝ているあいだのレム睡眠時に勃起するんです。
つまり眠りの周期が1晩で約8回あるので、普通の人は
1晩で8回も自然に勃起しているんですよ。

 

そんな自然現象で起こる勃起の中でも最後のもの、
つまり目覚める直前に起こる勃起が朝勃ちと呼ばれるんです。

 

 

ちなみに朝勃ちが起きないのは何も身体に異常のある
器質的な勃起不全の人だけではありません。
レム睡眠時には勃起しますが、ノンレム睡眠では勃起しないので
起きた時にノンレム睡眠だったなら朝勃ちもありませんからね。

 

ですから朝勃ちと勃起不全に明快な因果関係はありません
それでも勃起不全になってしまうと勃起力が落ちてしまうので、
朝勃ちが起こりにくくなることはあるそうです。

 

あくまで目安としてですが、朝勃ちがないことは勃起不全の
兆候かもしれないんだと考えておきましょう。