一番の敵は肥満

勃起不全ってストレスなどの多くのことが原因で起こります。
なかでもストレス以外の原因として代表的なのが肥満です。

 

 

肥満はただの体重が重い人を指すわけではありません。
脂肪が過剰に蓄積した状態の人のことです。
お相撲さんはほとんど筋肉なので肥満じゃないんですよ。

 

まず肥満を放っておくと男性ホルモンが低下してしまうので、
結果的に勃起不全や性機能不全に陥ってしまいます。

 

さらに勃起不全はペニスの動脈硬化のようなものなので、
糖尿病や高血圧などの生活習慣病と同類です。
ですからカロリーの高いものや甘いもの、お肉や油分の多い
ファーストフードばかり食べていると危険です。
つまり太りやすい食事をしている人は自然と勃起不全になる
可能性を高くしてしまっているんです。

 

 

なるべく野菜や魚類などの身体に良い食事を摂るように
意識しましょうね。

 

肥満予防が最も簡単にできて、最も効果的な勃起不全の
予防になると言えるでしょう。
ストレスも溜まると多く人は暴飲暴食に走ってしまうので、
肥満になりやすいですからね。

 

他にも日本性機能学会が勃起不全を招く可能性がある
リスクファクターとしてあげたのが加齢、喫煙、うつ症状、
神経疾患や薬剤などです。

 

しかしこのガイドラインに挙げられた原因因子13項目の中に
高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満と運動不足、
睡眠時無呼吸症候群という5項目もが肥満に関する原因でした。
太っている方が勃起不全に悩んでいるなら、まずはその肥満を
なんとかするように努力してみてください。