ネバーギブアップ!

勃起不全は年齢に関係なく起こる症状です。
とはいえ、やはり加齢による影響に目を瞑ることはできません。

 

20代で発症する人も主な原因は「緊張」ということなので
その点さえ改善されれば機能がすぐに回復します。

 

しかしながら、30代も半ばを過ぎると
どうしても体力の衰えを感じる人が多くを占めます。
テストステロンの分泌も年々低下しますから、
「若いころと同じように」というイメージに体がついて行かなくなることもしばしば。

 

また、この頃の年齢になると
仕事でもそれなりのキャリアとなって来ていて、
特に中間管理職のポジションに就く方が多いのではないでしょうか。

 

すると下からの突き上げと
上からの無茶ぶりがやってきて
あれやこれやに責任を取れと言われたり。
そんなプレッシャーがずっしりとのしかかってきます。

 

そのストレスを紛らわすかのように
暴飲暴食、タバコの吸いすぎなどから
生活習慣病にまで陥ってしまうと
勃起不全発症の準備が整ってしまうわけです。

 

 

ですが、勃起不全の改善には年齢は関係ありません。
生活習慣がよくなることで常に疲れている状態が抜けて
機能が回復する人もいます。

 

少し離れた世界の話かもしれませんが、
日本でも離島の50代のタクシー運転手の方は
「まだまだ現役バリバリ!」だそうです(笑)

 

人間本来の機能的には50代でも、さらに上の年齢でも
興奮して硬くなるという状態にはなれるということです。

 

低下したテストステロンも、精力剤を続けて飲むことで
維持することはできます。

 

もちろん年齢とともに趣向は変わると思いますが、
うまく活用して生涯現役を目指しましょう。